儘にならぬは浮世の謀り

主に映画の感想を呟くための日記

好評・絶賛評

映画感想:運び屋

クリント・イーストウッド監督・主演『運び屋』特報 恒例の手短な感想から 老いてなおも惑う。それが人生なのだろうか。 といったところでしょうか。 正直なところ、単純にエンターテイメント映画として見てしまうと、本作はあまりにも盛り上がりに欠けた、…

映画感想:翔んで埼玉

[字] まさかのあの人も登場!? 映画『翔んで埼玉』予告編 日本語字幕 恒例の手短な感想から 悔しいかな、良く出来ている。 といったところでしょうか。 正直、出落ちとしか言いようがない本作が、ここまでちゃんとした映画になっているとは、誰もが想像してい…

映画感想:劇場版シティーハンター〈新宿プライベート・アイズ〉

「劇場版シティーハンター <新宿プライベート・アイズ>」本予告第二弾 | 2019年2月8日(金)全国ロードショー 恒例の手短な感想から あの時代を切り取って、2019年に張り付けたような快作 といったところでしょうか。 これが本当に20年以上も隔てて作られた…

映画感想:七つの会議

「七つの会議」予告 恒例の手短な感想から 歌舞いてるよ、これ、超歌舞いてる といったところでしょうか。 この映画ほど、各映画サイトで公開されている場面写真や、断片的な予告編だけではつまらなそうに見えてしまう映画もないでしょう。キャストの一覧や…

映画感想:がっこうぐらし!

映画『がっこうぐらし!』予告編(楽曲使用版) 恒例の手短な感想から ちゃんと面白かったよ。 といったところでしょうか。 個人的には、こういう作品こそが、一番、自分のような映画ファンの見る力を試されているなぁとよく思います。こういう作品に文句を…

映画感想:クリード 炎の宿敵

映画『クリード 炎の宿敵』特別映像 恒例の手短な感想から 本当に新人監督が撮ったの?!これ?! といったところでしょうか。 本作、かなり面白かったです。 ロッキーシリーズや、前作のクリードとは違い、かなり無名の新人監督に任せたということで、多少…

映画感想:シュガー・ラッシュ:オンライン

映画「シュガー・ラッシュ: オンライン」日本版予告 第2弾 恒例の手短な感想から なんだこの俺得映画!最高! といったところでしょうか。 今まで散々にディズニー映画への批評を書き、なんなら、世の中のパブリックイメージにあるディズニー像は大きく間違…

映画感想:ドラゴンボール超 ブロリー

映画「ドラゴンボール超 ブロリー」FINAL予告 恒例の手短な感想から 最高! これを待っていたんだ! と言ったところでしょうか。 「神と神」とか「復活のF」とか、あそこらへんの駄作は完全に忘れた状態で、ぜひ見てください! いきなり、上記のような書き出…

映画感想:機動戦士ガンダムNT

2018年11月公開の映画機動戦士ガンダムNTナラティブ予告編 恒例の手短な感想から ……まあ、これで良いんじゃね? といったところでしょうか。 巷で一部の人が言うほどの傑作でもなく、かといって一部の人が言うほど駄作でもない、というのが本作に対しては…

映画感想:銃

www.youtube.com 恒例の手短な感想から 作り手の技量で素晴らしくなった、としか言いようがない といったところでしょうか。 芥川賞作家でもある中村文則の「銃」を原作として、作られた本作なのですが、本当に素晴らしい出来であると思います。 特に何が素…

映画感想:ヴェノム

『ヴェノム』予告 恒例の手短な感想から SFホラーとしては失敗作。が、面白い。 といったところでしょうか。 決して本編がつまらないというわけではないのですが、こう評するのが本作に対しては的確でしょう。 宣伝が上手すぎてしまった、と。 予告編の巧妙…

映画感想:クレイジー・リッチ!

映画『クレイジー・リッチ!』予告編 手短な感想から 気軽に見るのに、最適の一作 といったところでしょうか。 傑作というほどの作品ではないのかもしれませんが、映画としては十分に面白い作品ではないでしょうか。 クレイジー・リッチ!と題された本作は、…

映画感想:プーと大人になった僕

「プーと大人になった僕」日本版予告 恒例の手短な感想から まさにプーさんらしい話 といったところでしょうか。 まず、本作について何よりも言いたいのは、実は本作、「プーと大人になった僕」が原作の者である、AAミルンの思想をよく反映させた一作となっ…

映画感想:泣き虫しょったんの奇跡

『泣き虫しょったんの奇跡』本予告 恒例の手短な感想から タイトルに似合わず、中身は将棋版ロッキー!!! といったところでしょうか。 自分が将棋ファンであることは、当ブログやツイッターにてしばしば言及していることですが、そんな将棋ファンである贔…

映画感想:寝ても覚めても

映画『寝ても覚めても』90秒予告 恒例の手短な感想から まさか、ここまで見事に映像化するとは といったところでしょうか。 本作の感想を書くにあたっては、まず何よりも、柴崎友香という作家について語らなければなりません。大抵の映画ファンは彼女のこと…

映画感想:ファントム・スレッド

美しすぎる…『ファントム・スレッド』30秒予告 恒例の手短な感想から "見えない糸"に圧倒されて……………。 といったところでしょうか。 本作は、久しぶりのポール・トーマス・アンダーソン監督作品だというのに、なぜか巷では、あまり注目もされず、話題にも…

映画感想:ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー

「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」日本版予告 恒例の手短な感想から これがスターウォーズだ! といったところでしょうか。 アメリカでは大コケしていて、興行成績が惨憺たるものになっていたという、本作「ハン・ソロ」ですが――ハッキリ言って…

映画感想:ニンジャバットマン

映画『ニンジャバットマン』 日本用トレーラー【2018年6月15日劇場公開】 恒例の手短な感想から バットマン映画としても、時代劇映画としても、上質 といったところでしょうか。 正直、当初は見る予定もなく、予告編を見ても「どうせ、面白くないんだろう?…

映画感想:リズと青い鳥

『リズと青い鳥』本予告 60秒ver. 恒例の手短な感想から 一つの頂きへ至った傑作音楽映画 といったところでしょうか。 ここまでに”音楽”というものを、描ききった作品がよもやアニメ映画で誕生するとは驚きに尽きます。音楽をテーマとした、今年のアニメ映画…

映画感想:万引き家族

【公式】『万引き家族』大ヒット上映中!/本予告 恒例の手短な感想から 考えても、考えても といったところでしょうか。 まさか、これほどに鑑賞後、黙り込んで深く深く考えてしまうような映画だとは思ってもいませんでした。カンヌ映画祭にて、最高賞を受…

映画感想:犬ヶ島

野田洋次郎も参加!ウェス・アンダーソン最新作『犬ヶ島』日本オリジナル版予告 恒例の手短な感想から ウェス・アンダーソンと日本芸術の相性の良さよ! といったところでしょうか。 ご存知の方も多いと思いますが、ウェス・アンダーソン監督といえば「常に…

映画感想:いぬやしき

『いぬやしき』予告編(特報予告)/シネマトクラス 恒例の手短な感想から 物足りなくもあるが、悪くもなく といったところでしょうか。 まあ、次作の出来がこれだったことを鑑みると、「アイアムアヒーロー」はそこまで偶然で出来上がった作品でもなかった…

映画感想:孤狼の血

映画『孤狼の血』WEB限定特報 恒例の手短な感想から ミス・キャスト感、半端ないんだけど!これ! といったところでしょうか。 映画を見た人の評判によると、本作、久々の本格的な実録もの映画ということで、気になって観てきました。はい。本作、確かにかつ…

映画感想:レディ・プレイヤー1

映画『レディ・プレイヤー1』30秒予告(遺言編)【HD】2018年4月20日(金)公開 恒例の手短な感想から んー。スピルバーグ大親分に一言……最高ッッッ! といったところでしょうか。 公開前から「スピルバーグが世界中のポップカルチャーを集めた映画を作って…

映画感想:リメンバー・ミー

映画『リメンバー・ミー』日本版予告編 恒例の手短な感想から 手堅い!面白い!…面白いんだけどもねぇ… といった感じでしょうか。 イルミネーション・エンターテイメントのアニメーション作品に圧され気味で評価も売上も人気でありながらも、、子ども向けと…

映画感想:ちはやふる ―結び―

「ちはやふる -結び-」予告 恒例の手短な感想から 驚嘆の一作 といったところでしょうか。 確かに「ちはやふる 上の句」は間違いなく、近年の実写化映画において珍しいほどにエンターテイメントとして、この上なく誰でも楽しめる内容になっており、素晴ら…

映画感想:シェイプ・オブ・ウォーター

『シェイプ・オブ・ウォーター』日本版予告編 恒例の手短な感想から 高尚なフランス映画を見るような… といったところでしょうか。 特撮とそしてホラーの監督として辣腕を振るい、もはやコアな映画ファンでなくても名前を認知する人が多くなってきたであろう…

映画感想:祈りの幕が下りる時

映画『祈りの幕が下りる時』予告 恒例の手短な感想から これは本当に面白い といったところでしょうか。 予告編の段階で、この映画から「明らかに面白い映画の匂い」がしていたことに驚いた人は僕だけではないでしょう。新参者シリーズは東野圭吾ファンでも…

映画感想:ロープ/戦場の生命線

【映画 予告編】 ロープ/戦場の生命線 恒例の手短な感想から これが戦争なのか。 といったところでしょうか。 戦争映画というと、大抵の映画が戦場――それも決まったように最前線ばかりに目を向けられがちですが、当たり前のように、最前線だけが戦争の真実…

映画感想:羊の木

映画『羊の木』 予告編 恒例の手短な感想から 原作よりも、良いかもしれない、傑作 といったところでしょうか。 羊の木は、一部で話題になっていた漫画です。犯罪者が更生して、一般人として日常生活に溶け込んでいくなかで、様々な出来事が起こっていくとい…

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村