儘にならぬは浮世の謀り

主に映画の感想を呟くための日記

映画感想

映画感想:泣き虫しょったんの奇跡

『泣き虫しょったんの奇跡』本予告 恒例の手短な感想から タイトルに似合わず、中身は将棋版ロッキー!!! といったところでしょうか。 自分が将棋ファンであることは、当ブログやツイッターにてしばしば言及していることですが、そんな将棋ファンである贔…

映画感想:寝ても覚めても

映画『寝ても覚めても』90秒予告 恒例の手短な感想から まさか、ここまで見事に映像化するとは といったところでしょうか。 本作の感想を書くにあたっては、まず何よりも、柴崎友香という作家について語らなければなりません。大抵の映画ファンは彼女のこと…

映画感想:ペンギン・ハイウェイ

映画『ペンギン・ハイウェイ』 予告1 恒例の手短な感想から まあ……どうでもいいよね といったところでしょうか。 若干、巷で炎上気味な騒ぎが起きていた本作。別に自分としてはコロリドというアニメーション会社にも、もっと言えば、原作の「ペンギンハイウ…

映画感想:ファントム・スレッド

美しすぎる…『ファントム・スレッド』30秒予告 恒例の手短な感想から "見えない糸"に圧倒されて……………。 といったところでしょうか。 本作は、久しぶりのポール・トーマス・アンダーソン監督作品だというのに、なぜか巷では、あまり注目もされず、話題にも…

映画感想:志乃ちゃんは自分の名前が言えない

南沙良&蒔田彩珠主演『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』予告編 恒例の手短な感想から 中途半端な出来 といったところでしょうか。 作り手側が、本作をアイドル映画のつもりで作っているのであれば、別にこんな出来でも良いのですが……残念ながら、普通の…

映画感想:未来のミライ

「未来のミライ」予告 恒例の手短な感想 細田守のジャイアンリサイタルを見て何が楽しいのか といったところでしょうか。 細田守監督作品の中でも――どころか、それなりに予算を割かれた、アニメ映画の中でも最低の出来と言って過言ではないと思います。 アニ…

映画感想:ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー

「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」日本版予告 恒例の手短な感想から これがスターウォーズだ! といったところでしょうか。 アメリカでは大コケしていて、興行成績が惨憺たるものになっていたという、本作「ハン・ソロ」ですが――ハッキリ言って…

映画感想:ニンジャバットマン

映画『ニンジャバットマン』 日本用トレーラー【2018年6月15日劇場公開】 恒例の手短な感想から バットマン映画としても、時代劇映画としても、上質 といったところでしょうか。 正直、当初は見る予定もなく、予告編を見ても「どうせ、面白くないんだろう?…

映画感想:リズと青い鳥

『リズと青い鳥』本予告 60秒ver. 恒例の手短な感想から 一つの頂きへ至った傑作音楽映画 といったところでしょうか。 ここまでに”音楽”というものを、描ききった作品がよもやアニメ映画で誕生するとは驚きに尽きます。音楽をテーマとした、今年のアニメ映画…

映画感想:傀儡

【第28回東京学生映画祭】『傀儡』予告編 恒例の手短な感想から 世にも奇妙な物語かよ! といったところでしょうか。 いえ、一応、かなり途中までは面白く鑑賞した映画ではあったのです。学生時代に恋人が謎の水死を遂げてしまった主人公が、十数年後、ゴシ…

映画感想:万引き家族

【公式】『万引き家族』大ヒット上映中!/本予告 恒例の手短な感想から 考えても、考えても といったところでしょうか。 まさか、これほどに鑑賞後、黙り込んで深く深く考えてしまうような映画だとは思ってもいませんでした。カンヌ映画祭にて、最高賞を受…

映画感想:犬ヶ島

野田洋次郎も参加!ウェス・アンダーソン最新作『犬ヶ島』日本オリジナル版予告 恒例の手短な感想から ウェス・アンダーソンと日本芸術の相性の良さよ! といったところでしょうか。 ご存知の方も多いと思いますが、ウェス・アンダーソン監督といえば「常に…

映画感想:いぬやしき

『いぬやしき』予告編(特報予告)/シネマトクラス 恒例の手短な感想から 物足りなくもあるが、悪くもなく といったところでしょうか。 まあ、次作の出来がこれだったことを鑑みると、「アイアムアヒーロー」はそこまで偶然で出来上がった作品でもなかった…

映画感想:孤狼の血

映画『孤狼の血』WEB限定特報 恒例の手短な感想から ミス・キャスト感、半端ないんだけど!これ! といったところでしょうか。 映画を見た人の評判によると、本作、久々の本格的な実録もの映画ということで、気になって観てきました。はい。本作、確かにかつ…

映画感想:レディ・プレイヤー1

映画『レディ・プレイヤー1』30秒予告(遺言編)【HD】2018年4月20日(金)公開 恒例の手短な感想から んー。スピルバーグ大親分に一言……最高ッッッ! といったところでしょうか。 公開前から「スピルバーグが世界中のポップカルチャーを集めた映画を作って…

映画感想:パシフィック・リム:アップライジング

『パシフィック・リム:アップライジング』日本版本予告 恒例の手短な感想から このスケール感とこの熱の温度が決め手(欠点として) といったところでしょうか。 巷ではあまり良い評判を聞かないというか、「思ったよりはマシ」「でも、まあ嫌いな人もいて…

映画感想:ボス・ベイビー

『ボス・ベイビー』すべて日本版予告 (2018年) 恒例の手短な感想 なにこれ。感想に困るんだけど… といったところでしょうか。 意外と世の中には知られてないものの、ディズニーやイルミネーションの3Dアニメーション映画と同じくらいのペースで出続けている…

映画感想:リメンバー・ミー

映画『リメンバー・ミー』日本版予告編 恒例の手短な感想から 手堅い!面白い!…面白いんだけどもねぇ… といった感じでしょうか。 イルミネーション・エンターテイメントのアニメーション作品に圧され気味で評価も売上も人気でありながらも、、子ども向けと…

映画感想:ちはやふる ―結び―

「ちはやふる -結び-」予告 恒例の手短な感想から 驚嘆の一作 といったところでしょうか。 確かに「ちはやふる 上の句」は間違いなく、近年の実写化映画において珍しいほどにエンターテイメントとして、この上なく誰でも楽しめる内容になっており、素晴ら…

映画感想:シェイプ・オブ・ウォーター

『シェイプ・オブ・ウォーター』日本版予告編 恒例の手短な感想から 高尚なフランス映画を見るような… といったところでしょうか。 特撮とそしてホラーの監督として辣腕を振るい、もはやコアな映画ファンでなくても名前を認知する人が多くなってきたであろう…

映画感想:15時17分、パリ行き

映画『15時17分、パリ行き』予告 恒例の手短な感想から これが現実さと、イーストウッドは乾いた笑みを浮かべる といったところでしょうか。 本作はかなり変な作品となっています。 正直、クリント・イーストウッドを映画監督としてそれなりに尊敬している自…

映画感想:祈りの幕が下りる時

映画『祈りの幕が下りる時』予告 恒例の手短な感想から これは本当に面白い といったところでしょうか。 予告編の段階で、この映画から「明らかに面白い映画の匂い」がしていたことに驚いた人は僕だけではないでしょう。新参者シリーズは東野圭吾ファンでも…

映画感想:ロープ/戦場の生命線

【映画 予告編】 ロープ/戦場の生命線 恒例の手短な感想から これが戦争なのか。 といったところでしょうか。 戦争映画というと、大抵の映画が戦場――それも決まったように最前線ばかりに目を向けられがちですが、当たり前のように、最前線だけが戦争の真実…

映画感想:羊の木

映画『羊の木』 予告編 恒例の手短な感想から 原作よりも、良いかもしれない、傑作 といったところでしょうか。 羊の木は、一部で話題になっていた漫画です。犯罪者が更生して、一般人として日常生活に溶け込んでいくなかで、様々な出来事が起こっていくとい…

映画感想:劇場版 マジンガーZ/INFINITY

マジンガーZ最後の出撃?『劇場版 マジンガーZ / INFINITY』予告編 恒例の手短な感想から 終盤が良かったから、良し、とするかなぁ…………。 といったところでしょうか。 前評判的になんとなく気になる作品だったのですが、残念ながら自分としては「期待外…

映画感想:キングスマン:ゴールデン・サークル

映画「キングスマン:ゴールデン・サークル」予告B 恒例の手短な感想から さすがのマシューヴォーン。最高だ! といったところでしょうか。 マシュー・ヴォーンという監督に外れなし! そう言ってしまいたくなるほどに、作品を作れば良作か名作しかないマシ…

映画感想:カンフーヨガ

映画『カンフー・ヨガ』 本予告 恒例の手短な感想から 言うほど珍品でもない、普通に楽しい映画 といった感じでしょうか。 去年の年末らへんに、一部の映画好きやツイッターなどで話題になった映画が実はありました。「相当な珍品映画」「変なところしか無い…

映画感想:オリエント急行殺人事件(ケネス・ブラナー版)

映画『オリエント急行殺人事件』予告編 恒例の手短な感想から 神アピールがうざすぎる といったところでしょうか。 自分はこの映画が公開される前から、この映画の情報を聞いて、こんな感想を漏らしたことがありました。 「え、ケネス・ブラナーが自分主演で…

映画感想:スター・ウォーズ/最後のジェダイ

「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」本予告 恒例の手短な感想から あまりにも歪な傑作 といったところでしょうか。 正直、この映画は貶してしまう人の気持ちも理解できます。そういう評価があっても仕方ないものだろうな、とは思います。それほどにライア…

映画感想:ゴッホ 最期の手紙

映画『ゴッホ ~最期の手紙~』日本版予告編 恒例の手短な感想から 素晴らしい! といったところでしょうか。 実のところ、全編に渡って油絵を使ったアニメーションというものは斬新というわけでもないのです。本作、「ゴッホ ~最期の手紙~」は、ゴッホがな…

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村