儘にならぬは浮世の謀り

主に映画の感想を呟くための日記

映画感想

映画感想:キングスマン:ゴールデン・サークル

映画「キングスマン:ゴールデン・サークル」予告B 恒例の手短な感想から さすがのマシューヴォーン。最高だ! といったところでしょうか。 マシュー・ヴォーンという監督に外れなし! そう言ってしまいたくなるほどに、作品を作れば良作か名作しかないマシ…

映画感想:カンフーヨガ

映画『カンフー・ヨガ』 本予告 恒例の手短な感想から 言うほど珍品でもない、普通に楽しい映画 といった感じでしょうか。 去年の年末らへんに、一部の映画好きやツイッターなどで話題になった映画が実はありました。「相当な珍品映画」「変なところしか無い…

映画感想:オリエント急行殺人事件(ケネス・ブラナー版)

映画『オリエント急行殺人事件』予告編 恒例の手短な感想から 神アピールがうざすぎる といったところでしょうか。 自分はこの映画が公開される前から、この映画の情報を聞いて、こんな感想を漏らしたことがありました。 「え、ケネス・ブラナーが自分主演で…

映画感想:スター・ウォーズ/最後のジェダイ

「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」本予告 恒例の手短な感想から あまりにも歪な傑作 といったところでしょうか。 正直、この映画は貶してしまう人の気持ちも理解できます。そういう評価があっても仕方ないものだろうな、とは思います。それほどにライア…

映画感想:ゴッホ 最期の手紙

映画『ゴッホ ~最期の手紙~』日本版予告編 恒例の手短な感想から 素晴らしい! といったところでしょうか。 実のところ、全編に渡って油絵を使ったアニメーションというものは斬新というわけでもないのです。本作、「ゴッホ ~最期の手紙~」は、ゴッホがな…

映画感想:KUBO/クボ 二本の弦の秘密

映画『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』予告編 恒例の手短な感想から 良い映画だけど、色々が雑 といったところでしょうか。 ライカは「コララインとボタンの魔女」で有名になった、アニメスタジオです。CGかと見間違うかと思うような、高いクオリティのストップ…

映画感想:猿の惑星:聖戦記

映画『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』予告編 恒例の手短な感想から 良かったけど、詰め込みすぎ感はある といったところでしょうか。 まあ、冒頭のこの一言に尽きるかなと思います。本作「猿の惑星:聖戦記」は、本当に詰め込みすぎの一作でした。 …

映画感想:ブレードランナー 2049

映画『ブレードランナー 2049』TV Spot④ 恒例の手短な感想から エンキ・ビラルでやれ! といったところでしょうか。 ブレードランナーといえば、サイバーパンク映画の金字塔です。リドリー・スコットによって作られたこの映画は、言ってしまえば「サイバーパ…

映画感想:アトミック・ブロンド

映画『アトミック・ブロンド』特別予告 "Sweet Dreams" 恒例の手短な感想から やっぱ微妙だったわー。さ、撤収! といったところでしょうか。 ……まあ、正直、それなりに目の肥えた映画ファンならば、だいたいの人が「あー、やっぱりなー」と思うのではないで…

映画感想:アウトレイジ最終章

新キャストも登場!北野 武監督最新作『アウトレイジ 最終章』特報! 恒例の手短な感想から 結構良かった といったところでしょうか。 実のところ、一部のネットでは微妙な評判が立っているようですが……まあ、ネットの人たちって、最近は「無限の住人」もま…

映画感想:ドリーム

映画『ドリーム』予告A 恒例の手短な感想から 素晴らしい!しかも、上品! といったところでしょうか。 映画公開前に、この映画の邦題について一悶着あった作品ですが、そんな一悶着などどうでも良くなってしまうほどに、本作は非常によく作られている映画で…

映画感想:逆光の頃

高杉真宙、葵わかなが共演 映画「逆光の頃」 予告編 恒例の手短な感想から 感想屋の完敗!魅力を文章で伝えることが出来ない! といったところでしょうか 小林啓一監督のことはご存じない方も多いと思いますが、実はディープな映画ファンの間では既にかなり…

映画感想:三度目の殺人

『三度目の殺人』本予告 9月9日(土)公開 恒例の手短な感想から んー。ちょっと極論過ぎだなー。でも映画としては良作。 といったところでしょうか。 是枝裕和監督の中では、かなり意欲的な作品と言っていいと思います。 本作、三度目の殺人はそれくらいに…

映画感想:スキップ・トレース

『スキップ・トレース』予告編/シネマトクラス 恒例の手短な感想から ジャッキー、もう限界なんじゃ……? といったところでしょうか。 いや、それなりに期待して観に行ったんですけどねー。思った以上に酷い映画でした。いえ、面白くないと言うつもりはあり…

映画感想:スターシップ9

『スターシップ9』予告編 恒例の手短な感想から 微妙 といった感じでしょうか。 初めからそんなに期待して観に行ってなかったのですが、やはり、そんなに大した内容ではなかったことに、軽くガッカリしています。今はそんな気分です。 「スターシップ9」 タ…

映画感想:スパイダーマン:ホームカミング

映画『スパイダーマン:ホームカミング』予告① 恒例の手短な感想から 素晴らしい! といった感じでしょうか 久しぶりに見たマーベル映画のような気がしますが、久しぶりに見たものがこれで本当に良かったと思っています。正直に言いますが、最近、アメコミ映…

映画感想:ウィッチ

『ウィッチ』予告編 恒例の手短な感想から 監督がノスフェラトゥのリメイクに抜擢されるのも納得 といった感じでしょうか。 これからどんな作品を撮っていくのか、楽しみなホラー映画監督が誕生しているような気がします。本作、「ウィッチ」はそれほどに今…

映画感想:メアリと魔女の花

「メアリと魔女の花」予告3 恒例の手短な感想から 大人の事情しか見えない映画 といった感じでしょうか。 突然ですが、告白します。このブログ、実はある時期だけ、やたらアクセス数が伸びる現象が起こるんです。 それまでは、当ブログは一日最大でも100アク…

映画感想:ジョン・ウィック:チャプター2

映画『ジョン・ウィック:チャプター2』予告 恒例の手短な感想から 前作以上に濃く、でも、前作ほどじゃない といったところでしょうか。 ジョン・ウィック――「キアヌ・リーブスが久々に放つ、キレッキレのアクションもの」ということで、2015年に一部で話題…

映画感想:LOGAN/ローガン

映画「LOGAN/ローガン」予告E 恒例の手短な感想から ショック受けるほど、つまらないよ…… といったところでしょうか 面白いと思っていたんですけどね。見る前までは。 前情報として入ってくる予告編や、設定云々の数々とそして西部劇オマージュらしいという…

映画感想:22年目の告白 -私が殺人犯です-

www.youtube.com 映画『22年目の告白 -私が殺人犯です-』本予告 恒例の手短な感想から 普通に面白かったよ といったところでしょうか。 各所で藤原竜也がまた殺人犯役を演じるということで、それとなくネット上で盛り上がっていた本作品ですが、実は「SR サ…

映画感想:美しい星

美しい星 - 映画予告編 恒例の手短な感想から 人は選ぶが、心掴まれたら、もう最高 といったところでしょうか。 実のところ、今作、自分はそこまで大きく期待していませんでした。 本作の監督、吉田大八氏は「桐島、部活やめるってよ」で、映画ファンの間で…

映画感想:武曲 MUKOKU

映画『武曲 MUKOKU』本予告編 恒例の手短な感想から 頑張ってるから、貶したくないのに…でも、糞だわ といったところでしょうか。 正直、映画の作り手は誰も悪くないと思っています。 撮影や演出、脚本、細かい衣装に至るまで全てがかなりのクオリティで作ら…

映画感想:帝一の國

「帝一の國」予告 恒例の手短な感想から 最高じゃねぇか! といったところでしょうか。 上記予告編を見た段階で、なんとなく気になっている映画ではありました。本作「帝一の國」。上手く言えないのですが、映画館で予告編を見ているうちから画面の作りがし…

映画感想:夜明け告げるルーのうた

『夜明け告げるルーのうた』予告映像 恒例の手短な感想から この映画、相当すごいけど、相当に人を選ぶぞ! といったところでしょうか。 「夜は短し歩けよ乙女」――今年、上映されたアニメ映画の中でも、間違いなくトップレベルの素晴らしい映画でした。その…

映画感想:メッセージ

映画『メッセージ』本予告編 恒例の手短な感想から 文句はないが、感慨も特にない といったところでしょうか。 まあ、その程度の映画かなというのが本作への感想です。テッド・チャンの「あなたの人生の物語」を原作としている本作ですが――そもそも、テッド…

映画感想:SING/シング

映画『SING/シング』 吹替版特別予告編 恒例の手短な感想から 音楽映画として90点!話は荒い…でも、そこが良い! といったところでしょうか。 イルミネーション・エンターテインメントといえば言わずと知れた「ミニオン」たちで有名なアニメーション製作…

映画感想:無限の住人

映画『無限の住人』本予告【HD】2017年4月29日公開 恒例の手短な感想から そう!こういう傑作が見たかったんだ! といったところでしょうか。 三池崇史といえば、かつては良くも悪くも無茶苦茶な内容の映画だとか、妙な演出の入ったしかし傑作としか思えない…

映画感想:夜は短し歩けよ乙女

『夜は短し歩けよ乙女』 特報映像 恒例の手短な感想から ひょっとすると、原作を超えているかも…… といったところでしょうか。 以前から森見登美彦の代表作として、下手すると四畳半神話大系よりも更に世の中に知れ渡っていたかもしれない本作ですが、湯浅政…

映画感想:ムーンライト

アカデミー賞候補作!『ムーンライト』本国予告編 恒例の手短な感想から んー、惜しい映画過ぎて、頭が痛い……。 といった感じでしょうか。 第二章まではかなり面白い映画だったと思っています。第二章までは、アカデミー賞で、ラ・ラ・ランドを抑えた上で、…

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村