読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

儘にならぬは浮世の謀り

主に映画の感想を呟くための日記

映画感想:進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド


「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド」予告 - YouTube

恒例の手短な感想から

普通。

といったところでしょうか。

 

 正直、前編を取り上げている義理から本作の記事も書いていますが、この映画、単体では、良い意味でも悪い意味でも記事を書くほどではないです。

 それほどに普通です。例えば、当ブログで取り上げた「ヴィンセントが教えてくれたこと」のように、強烈に、なにもかもが酷くて悪いわけでもないのです。それなりに面白いところもあります。ただ、傑作では決してありません。良作でもないです。その程度の映画です。

 まず、樋口監督は前からそうなのですが、人物の造詣がひどく薄っぺらいです。どの登場人物も、一つ覚えのように、怒っていれば、その顔をアップにして、悲しんでいれば、その顔をアップにして――これだけではないのですが、この演出方法に代表されるように、やたら演出が端から端まで機械的なのが、本当に悪い方向にしか作用していません。登場人物が本当にそこに、そういう人物として生きているかのように感じるほどの説得力がないのです。ただ、演技している人にしか見えず、そのせいで、後編はどの話も「勝手に言ってろよ」という話にしかなっていません。

 ただ、とはいえ、アクションシーンは(ちょっと見づらいところはあれど)ちゃんとしています。前編のような暗い地獄の雰囲気が薄れた結果、特撮の安っぽさが目立ってしまっていますが、それでも、特に悪いという状態でもありません。正直、これと比べれば、このブログで褒めた「ギヴァー 記憶を注ぐ者」の方が遥かに特撮は安っぽいです。それでもギヴァーは面白かったですから。

 つまり、面白い要素としてプラスにはなっていませんが、目立ってマイナスにもなっていないのです。だからとにかく、普通という印象しか残りません。そして、そんな状況の中で、ひたすら浮かび上がってくるのは「実に、ガンダム的」と言わざるを得ない政治的に対立する二者と、それに挟まれている一般人の、三者による三つ巴の信念比べという面だけです。

 正直、この「信念比べ」は相当に陳腐な内容にも見えますが、それを言ったら、そもそも「ガンダムの信念比べ」自体が相当に残念な内容ですし、それ以下、影響を受けたアニメたちの信念比べも同じように陳腐で、この映画のような、アレなことはよくやっています。

 つまり、これをもって批判するのも、相当に分が悪いのです。なので、やっぱり大きなマイナスとなっているわけではなく、プラスとなっているわけでもなく、普通という結論にならざるをえません。

 全体的にとてつもなく低調な記事となってしまいましたが、それくらい、後篇に関してはどうでもいいと思ってしまっているのが、正直なところです。決して、酷い映画ではありません。ハリウッド映画でもこれより酷いものなんていくらでもあります。ただ、名作とはとても言えず……「まあ、ローランド・エメリッヒの作品くらいには面白かったかな」という感想がちょうどいい後編でした。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村