読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

儘にならぬは浮世の謀り

主に映画の感想を呟くための日記

映画感想:ベイマックス


『ベイマックス』本予告編 - YouTube

 

恒例の手短な感想から。

順当に面白くできていた。

といった感じでしょうか。

 

 近年のディズニー映画を、あまり良く思っていなかった――どころか、かなり悪いとさえ感じていたので、かなり不安な気持ちも混じりながら鑑賞しました。が、不安を吹き飛ばすほどに、ちゃんとしていました。順当な、「笑いあり涙あり興奮あり」のエンターテイメントとして、楽しむことが出来る映画となっているのではないでしょうか。

 内容自体は、アクションと冒険が強調されていて、ディズニーのラインナップ中では珍しい作品とはいえるかもしれません。ただし、ディズニーにアクション&冒険映画が過去にまったくなかったかというと、そうではありません。例えば、なかなか知られていませんが「ビアンカの大冒険 ゴールデン・イーグルを救え!」という、少年が大鷲に乗って飛び回るアニメ映画や、また実写映画になりますが「ロケッティア」という、青年がジェットパックで大空を飛び回る映画なども、存在しています。このベイマックスも含めて、三作とも、主人公が大空を飛び回って大喜びするシーンが共通しているのが面白いです。

 また、ベイマックスで自分が好感をもったのは、敵の描写です。マイクロロボットを使う敵の姿、極めて禍々しく描かれています。これも人によってはディズニーなのに、と思うかもしれませんが、僕から言わせれば、敵の姿を禍々しく描いてこそ、本当のディズニーです

 ディズニーといえば、子どもに夢を与えると言いつつ、強烈なトラウマを与える映画会社です。*1ディズニー作品に深い情を持っている僕だからこそ言いますが、近年のディズニーは、この”禍々しく描くところ”が、圧倒的に欠けており、イマイチな印象も多かったのです。が、それが、本作でようやく復活したなという好感を持ちました。

 また、ネット上ではベイマックスの宣伝が悪い意味で騒がれていましたが、正直、見終わった後で、あの宣伝が特段悪かったかというと、そんな印象は大してありませんでした。「若い女性を集めるための宣伝にしているのかな」とは思いますが、ベイマックス自体のテーマ等を大きく取り違えている宣伝というわけでもないかと。それに、感動モノにしたら男の子は寄ってこないよっていうのは、ちょっと、子どもを狭く見すぎてやしないかと思いますし。

 また、この内容で男の子向けというのも、どうかと思います。なぜかというと、この映画、男の子以外にもかなり楽しめるように作られているからです。むしろ、こういう真剣な内容は、かえって男の子の中には見たがらない子もいるかもしれません(笑)*2ただ、比重として、男の子寄りである、というのは分かります。

 

 ベイマックスは、誰もが楽しめるエンターテイメント映画でした。

*1:ディズニーが与えたトラウマの例は、挙げるとキリがないほどあります。例えば、眠れる森の美女における「森のシーン」ダンボの「ピンクエレファントパレード」バンビの「母鹿が殺されるシーン」ノートルダムの「ヘルファイア」等々、とにかくディズニーを見ていて、子どもがトラウマ体験に遭遇しないほうがおかしいくらいに、トラウマ映像がいっぱい出てきます

*2:男の子というのはそういうものですので…笑

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村