読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

儘にならぬは浮世の謀り

主に映画の感想を呟くための日記

映画感想:進撃の巨人 ATTACK ON TITAN

映画感想 好評・絶賛評


「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」立体機動予告編 - YouTube

恒例の手短な感想から

誰がなんと言おうと僕が見たかった進撃の巨人だ!

といったところでしょうか。

 

 ハッキリ言って、原作である「進撃の巨人」だけが好きな人にとってはこれは辛い映画だと思います。そういう意見は否定するつもりはありません。確かにそうだと思います。これは一部の人にとっては見たくないものなのでしょう。露悪趣味的ですし、どのキャラクターも性格が変更されていますし、原作にあった青春群像劇的なところは全て排除され、醜い人同士のいざこざばかりが起きる映画となっていますから。

 しかし、それは「進撃の巨人」だけが好きな人の話です。進撃の巨人が好きな人の中には「進撃の巨人が元ネタにしていると思わしき作品」が好きで、その作品の雰囲気をどことなく味わえるから進撃の巨人が好きだという人もいます。

 その人達にとって、この映画は最高の映画となっています。

 この強烈な悪夢のような世界。これはまさしく、僕が進撃の巨人を読むときにいつも思い浮かべていた「ドラッグオンドラグーン」や「SIREN」。また、原作者がハッキリと元ネタだと言い切った「マブラブオルタネイティブ」などの作品にあった、あの悪夢感とまさしく同じであり、見事な再現となっているのです。

 例えば、一部のゲームファンには有名な「ドラッグオンドラグーン」のワンシーン。


Drag on Dragoon 本当は怖い赤さん - YouTube

「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」を見た人ならば、あれ?と思うはずです。異様なほどこのシーンと映画のシーンがそっくりであると。……そういえば、映画にも赤ん坊の巨人が出ていましたね。偶然かもしれませんが。

 そして、例えば、巨人の設定。原作の時点でそうだったのですが、実はSIRENの屍人に似てるんですよね。殺しても死なない設定なのもそうですし、元々が人間だというのも似ています。SIRENというゲームは、懐中電灯一つで、屍人という元人間の化け物が住む中を彷徨わなければいけないゲームで…そんなシーン、この映画にもありましたね。偶然かもしれませんが。

 もちろん、原作者が元ネタだと公言したマブラブオルタネイティブの存在も忘れてはいけません。少なくとも僕は、この映画上のとあるシーンは、確実にマブラブオルタネイティブに対するオマージュでやったんだと思っています。それくらい、非常にマブラブオルタネイティブを見た時にあったあの衝撃が、実写の映画上で再現されているのです。

 一時期のゲームや漫画には、世の中に表立って出てなかっただけで、非常に狂っていて、どうかしていて、見ている人の正気を失わさせるようなものが大量に存在していたのです。

 実は、進撃の巨人は、原作の時点で「そういったゲームや漫画の集大成」という側面も持っていたのです。そして、この映画はその側面を見事に引き出した映画だと言えます。だから、少なくとも、僕のような、そういったゲームや漫画に影響を受けて育った人間にとって、この映画は最高の作品となっているのです

 原作以上に、僕にとって見たかった進撃の巨人となっています。

 そして、これは、原作を作るにあたって、マブラブオルタネイティブの衝撃や、こういったゲーム類の衝撃を描かずにいられなかった原作者も同じことなのではないかと思います。つまり、原作者も僕と同じものが好きだったんだろうと。だから、言ってしまえばこれは究極の「原作者にとっての俺得映画」だと言えるのではないでしょうか。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村